古くは中国から培われたノウハウで占う風水

占いブームもあって、巷ではいろんな方法を用いた占いがあります。
その中のひとつとして数えられている風水ですがその歴史は驚くほどに古く、実は中国の漢の時代までさかのぼる環境学に基づいた方法だというのをご存知でしょうか。
この頃の漢は度重なる災害に悩まされており、それらの厳しい生活環境の中でどうやって人が快適に暮らせるかのデータを取りながら家づくりのノウハウを培ってきました。
これが風水の土台になったと言われているんです。
これだけ聞くと、誕生日や血液型のような自分とは縁深いものではないので、運気や開運したい時にやってもらう占いとは全く関係なさそうと思うかもしれません。
しかし人間は周囲の環境の影響を受けずに生活するのは不可能な生き物です。
多かれ少なかれ何らかの影響を受けており、風水ではその受ける影響の中から統計的に見て悪いものを取り除き、いいものを取り入れていくのが主な方法です。
なので占いの中でも他の物とは違って、改善法を明確に伝える事が出来る占いとしても知られています。

風水パワーで癒しのインテリア作り

風水は古代から伝わる知恵であり、生活に役立つ身近なものです。毎日暮らす家の中にも風水を取り入れることで、より快適で過ごしやすい空間を作ることが出来ます。風水における色が持つ意味を知って、インテリアに取り入れましょう。
まず、「癒し」といえばグリーンです。森林など、自然を表す色であり、樹木の気を持っているとされます。科学的にも目に優しい色であり、暖色と寒色の中間にあるため、緊張を適度にほぐし、安らかにリラックスへと誘います。観葉植物などで、お部屋に取り入れるのも良いでしょう。
また、白には「リセット」効果があるとされています。溜まってしまった疲れや、嫌な思い出などを忘れさせて、新しい気持ちにしてくれる色です。不安やストレスの解消に役立つと言われています。濁ってしまった気を、清浄な状態に戻す効果があるとされていますから、寝室や浴室など、一日の疲れを癒すための空間に取り入れると良いと言われています。
簡単な方法としては、お風呂のお湯が白くなるタイプの入浴剤などを使うのがオススメです。ネガティブな気持ちや心の強張りがほぐれて消えていく様子をイメージしながら、ゆっくりと白いお湯に浸かって、リフレッシュしましょう。
代表的なものとして二つの色を挙げましたが、どのような癒しを必要としているかは人それぞれでもあり、例えば、意欲が湧かない・やる気が出ない時には、赤い色が有効な場合もあります。気分に合った色を使い分けることも大切です。

おすすめWEBサイト 5選

買取 札幌
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
上野の人気リラクゼーション
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000144284/
東京スカイリーが見える屋形船の「駒形」
http://www.bekkoame.ne.jp/ha/komagata/
ジッポライター
http://shop.zippotime.net/
ペーパーアイテム
http://www.ailefleur.jp/

Last update:2015/2/25